最古の恐竜館

最も古い恐竜に関する情報サイトです。


サウロスクス

サスロスクス

※地球最古の恐竜展の資料より引用


学名 サウロスクス(Saurosuchus)
生息時期 三畳紀後期(約2億2870万年前~1億9960万年前)
体長 約7メートル
食性 肉食


サウロスクスはワニの祖先として有名な爬虫類です。
体長は7メートルと大きく、あらゆる動物を獲物にしていたと考えられています。

ただ、ワニとは違い陸上せの生活が主だったとされています。
NHKでCG映像がありましたので紹介します。



当時は恐竜よりも強く、最強の爬虫類と言われています。
多くが絶滅した爬虫類の生き残りでもあるので、環境の変化に耐えられる機能が優れていたのでしょう。

詳細は下記の関連記事へ

サウロスクス(肉食の系譜)
サウロスクス(川崎悟司イラスト集)

--

最古の恐竜館トップへ


最古の恐竜館